2009.12.14 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2009.11.09 Monday author : A.A.

弦巻楽団#10「十二月組曲」



ジングルベル ジングルベル

その街は12月、白い雪に包まれる。
急ぐ人、待つ人、眠る人、笑う人、祈る人、復讐をする人
一年の終わりに、想いを遂げようとする人々が交錯する。


───神様、奇跡をお与えください。


ジングルベル ジングルベル

これは、2000年12月1日に始まり、
2000年12月26日に終わる物語。
奇跡を夢見ることが出来た、
最後の12月の物語。




弦巻楽団の記念すべき第10回公演は、あっと驚くハッピーなプレゼント!
ウェルメイド・コメディながら、
一度もハッピー・エンドを描いたことが無い楽団作品に新たな感動が・・・!
コントとオムニバスの間をくぐり抜ける、約20の挿話。
時まさに12月。
良い一年だった人も、思い出したくない一年だった人も、是非劇場へ!




シアターZOOフランチャイズ劇団公演
札幌劇場祭 Theater Go Round 2009 参加作品

弦巻楽団 #10「十二月組曲」




╋作・演出:弦巻啓太

╋出演:
 石川藍 / 佐藤春陽菜 / 塚本智沙/ 塚本雄介 / 楽太郎 / 茅原一岳
 藤谷真由美 (苗穂聖ロイヤル歌劇団) / 棚田満 (劇団怪獣無法地帯)
 佐井川淳子 (WATER33-39) / 橋本久美子 (SEVENS LOVA)
 丸山將 (Massive 4tsp.)  and more ...

╋日程:
 2009年12月3日(木)〜8日(火)
        3日(木) 19:30〜 
        4日(金) 19:30〜 
        5日(土) 14:00〜 / 19:30〜 
        6日(日) 14:00〜 
        7日(月) 19:30〜 
        8日(火) 19:30〜 
        開場は開演の30分前
        各回座席数に限りがありますので、
        ご希望の日時はお早めにどうぞ

╋料金:
 前売 1,800円 / 当日 2,300円
 学生証提示で上記料金から300円引き(大丸PG・4プラPG・e-mail予約のみ取扱)

╋チケット取扱:
 大丸PG・4プラPG・ローソンチケット(Lコード:19508)
 チケットぴあ(Pコード:399-547)

╋場所:
 扇谷記念スタジオ シアターZOO
   札幌市中央区南11条西1丁目ファミール中島公園B1F
   TEL:011-551-0909
   地下鉄南北線「中島公園」駅1番出口より徒歩5分
   会場には駐車場がございませんので、
   お越しの際には公共交通機関をご利用下さい

╋演出助手:山崎亜莉紗 (Massive 4tsp.) ・小林泉
 照明:稲田桂
 音響効果:丹治誉喬 (BackGround Dogs/yhs)
 宣伝美術:石上エリ
 制作:弦巻楽団

╋主催:弦巻楽団・北海道演劇財団・NPO法人TPSくらぶ

╋共催:札幌劇場連絡会・さっぽろアートステージ2009実行委員会

╋後援:札幌市

╋チケット予約・お問合せ:
 Mail:tsurumakigakudan@yahoo.co.jp
 TEL:090-2872-9209(平日は18時以降対応)
 劇団HP:http://www.t-gakudan.com



劇団ブログよりまるっとお借りいたしました。
問題があれば連絡を下さい・・
| 基本的な説明 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.11.07 Saturday author : A.A.

「弦巻楽団」とは?

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 A.A.です。

絶賛ブログ構築中。
の合間の息抜きに、記事を書いてみています。




‐‐‐「そもそも、弦巻楽団って何だ??」



      



弦巻楽団とは、札幌に拠点を置いて活動している演劇集団です。

(楽団とついていますが、音楽グループではありません・笑)


代表で脚本・演出家である弦巻啓太さんを中心に、

2003年頃から公演の度に集まるユニット形式で活動が始まりました。


2006年から、「限りなくユニットに近い劇団」となり、

所属キャスト・スタッフを始めとして、

たくさんの人が関わって成り立っています。



「どんなお話をやっているの?」
「どんな雰囲気の劇団なの?」

というのは、私が簡単に言えるようなことではないので、

近いうちに弦巻さんにインタヴューを敢行しようと思います(笑)

HPや、札幌劇場祭のHPにちょこっと載っているインタヴューを読んでお待ちください。




そして、12月3日から8日まで行われる『十二月組曲』は、

記念すべき第10回公演!!



どんな舞台になるんでしょうか。

まだまだ分かりません。

うーん、楽しみ。

| 基本的な説明 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.11.06 Friday author : A.A.

このブログについて

初めまして!

このブログの制作・管理を担当しております、
札幌学院大学4年のA.A.です。


このブログは、

弦巻楽団さんの第10回公演、『十二月組曲』を、
たくさんの人に知ってもらおう!」


という趣旨で生まれました。


では何故、大学生がこのブログをやっているのかというと、

「授業の一環だから」です!!(笑)


札幌学院大学の教養科目の講義で、

演劇とアートマネジメント」という授業があります。

講師を務めるのは、飯塚優子先生

(飯塚先生は西区にあるレッドベリースタジオのオーナーでもあります。)


この授業は通年(前期と後期)に渡って行われるのですが、

前期でつけた基礎的な知識を持って、

後期は実際の演劇の現場を体験してみよう!

というカリキュラムになっています。

今年はその“現場”として、弦巻楽団さんに白羽の矢が立ったようです。




これからこのブログに登場する人達は、皆その授業の履修生です。

教養科目の授業なので、1年生から4年生まで、学部も様々。

「授業の課題観劇で初めて生の舞台を見た!」と言う人もたくさんいます。


さて、そんな私達に何が出来るのでしょうか。

そして、何をしようと思うのでしょうか。



このブログでは、そんな大学生達のリアルな実態を交えながら、

弦巻楽団 #10 十二月組曲

に密着し、出来るだけ毎日更新!を目標に、

紹介や宣伝をしていこうと思っています。



あくまで私がそう思っているだけなので、

どうなっていくかは現時点ではさっぱり分かりませんが(笑)、

温かい目で見守っていただければ幸いです。


公演までもう1ヶ月を切っています!

短い間ですが、宜しくお願いします。
| 基本的な説明 | 01:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |